寄付

古着の着こなし術

古着は捨てるぐらいなら発展途上国に寄付すべき

古着は寄付をすることができます。
日本では発展途上国に古着を送る活動をしているNPO法人などがいくつかありますから、そういったところに持って行くと無事に恵まれない国々に古着を届けてくれます。
日本ではもう使えなくなったものでも現地ではとても貴重であって、衣類として実際に利用されるケースが多いのです。
発展途上国では衣類に十分なお金をかけられない人たちもまだまだ多いので、日本に住んでいる誰もが、そういった人たちの助けになることができるのです。
男性物も女性物も構わずに引き取ってくれますから、エコ活動の一環としても価値が高いです。
洋服は捨ててしまわずに、寄付をするようにしましょう。
ゴミとして処理費用をかけて処分するよりも、こうした慈善活動のための素材とする方が合理的ですし、経済的でもあります。
とくにジーンズなどは頑丈ですから数十年使っても壊れることがなく、現地でも重宝されています。
おしゃれでなくても大丈夫なので、いらないものがあれば持って行きましょう。

古着を寄付する際に注意しなければならない点について

サイズが合わなくなってしまいこの先着る予定が無い古着は、さまざまな団体などを通じて寄付を行い役立ててもらうといった方法があります。
その際に注意しなければならない点として次のような点が挙げられます。
まず、寄付する団体ではどんな古着を求めているのかをよく確認してから送るという点です。
何でも良いというわけではなく、必要としているものや状態が細かく決められている場合が多いのです。
例えば下着は新品のみでスカートは不要などといった注意事項をよく確認してから送らないと、無駄になってしまい余計な手間をかけることになってしまうのです。
発送する際の梱包方法や枚数などについても細かい決まりがあることも多いので注意が必要です。
また、そういった活動を行っている団体は数多くありますので、寄付した古着がどこに送られてどういった目的で使われるのかなどをよく調べて、活動内容などに十分に納得した上で送るようにした方が良いでしょう。

check

最終更新日:2017/2/2